食事形態

障がい者施設利用者

障がい者の食事形態と摂食・嚥下障害について

支援員にとっては、食事介助が主な支援内容ですが、施設が提供する食事にも気を配らなければなりません。障がい者の体調や身体機能の変化、健康管理のために、食事量を調整したり、食事形態を変更する必要も出てくるのです。
タイトルとURLをコピーしました