障がい福祉関連施設・団体

社会福祉協議会の役割と障がい福祉

障がい者施設など事業所に支援員として勤めていると、一度は「社協(しゃきょう)」という言葉を聞いたことがあるでしょう。社協とは社会福祉協議会のことで、一見して公的機関のようにも聞こえますが…。その実どうなのか。また、障がい福祉との関係も含めお伝えしようと思います。
障がい福祉資格・研修

もしも社会人が精神保健福祉士を目指したなら…資格取得に至る費用と時間という名の壁

最短!最安!最速!資格取得ルート。ある日突然、ふと思い立って、凡庸な社会人が精神保健福祉士の資格取得を目指したらどのくらいの費用と時間が掛かるのか?最短で、最安で、最速で、という項目別に調べてみました。
コラム

障がい者施設を退職するとき…

障がい者施設を退職するとき…、あなたはどんな状況でしたか?退職を意識するとき…、あなたはどんな状態でしたか?仕事がつらい。苦手な職員・利用者がいる。体調不良で。〜結論、退職していいんです!次へ進みましょう。悩む必要はありません。もう一歩だけ前へ。
障がい者支援

ALSの特徴とパーキンソン病や筋ジストロフィーとの違い

ALS患者が議員に当選されたことで注目されたALSという病気。そのことでALSという言葉を知ったとしても、障がい者支援に携わる支援員でさえ、どんな病気であるのか、知る人は少ないと思われます。また、パーキンソン病や筋ジストロフィーとの違いもまとめています。
障がい者支援員

障がい者施設の生活介護と生活支援員の現状とやりがい

今回は、障がい者施設の中でも利用者の多い生活介護事業と生活支援員の現状とやりがいを紹介します。生活介護事業は、これから障がい者施設で働く未経験者が生活支援員として特に配属されやすい職場(サービス)の1つなのです。
コラム

迷走する40代の更年期障害とうつ症状【心療内科編】

40歳前後からさまざまな体の変化があり、うつと思われる症状に悩まされ始めました。ここまで男性更年期障害を疑い、スピリチュアルなものに惹かれながら、やっぱり医学に頼るという遠回りの迷走も、今回の心療内科受診で最後になることを願っています。
障がい者施設利用者

障がい者の食事形態と摂食・嚥下障害について

支援員にとっては、食事介助が主な支援内容ですが、施設が提供する食事にも気を配らなければなりません。障がい者の体調や身体機能の変化、健康管理のために、食事量を調整したり、食事形態を変更する必要も出てくるのです。
コラム

迷走する40代の男性更年期障害とうつ症状【動悸編】

40歳前後からさまざまな体の変化があり、環境も影響してか、うつと思われる症状に悩まされ始めました。さらに前回のタロット鑑定の後から動悸が激しくなり、夜も眠れなくなったんですね。今回も前回に引き続き、その後の男性更年期障害やうつ症状に対する自分の迷走具合を紹介したいと思います。
ケース会議

自閉症の服薬拒否問題

障がい者を支援していて困ることの1つは、服薬を拒否されることです。中にはてんかんの薬や精神安定剤もありますから、飲まないことで何が起こるか分からない怖さもあります。今回は自閉症利用者の目薬拒否とその支援について紹介したいと思います。
コラム

迷走する40代の男性更年期障害とうつ症状【タロット編】 

40歳前後から様々な体の変化があり、主にうつと思われる症状に悩まされ始めました。段々スピリチュアルな見えざるものへ惹かれていくのですが…。今回も前回に引き続き、その後の男性更年期障害やうつ症状に対する自分の迷走具合を紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました